農薬と化学肥料の現代農業とは

野菜は本来、薬効成分(ビタミン、ミネラル)があり、食べると健康になります。
しかし、慣行農業は農薬漬けで、食べると病気になる野菜を作っています。
農薬漬けの野菜は体内の酸素を奪い血液を汚し、腐らせます。血液は全身を巡り、体の弱い組織が腐り始めます。これが癌やアトピーなど病気の原因です。
農薬は年々劇薬化しています。
農薬を人に飲ませると殺人罪になります。しかし農薬を畑に撒いても誰も逮捕されません
・・・農薬と化学肥料の大量使用は土壌を汚して、作物を破壊し、空気と水を汚染しているのです。慣行農業は自然破壊と健康破壊を平気で行っているのです

河合勝氏の著書「宇宙にたった一つの<いのち>の仕組み」より抜粋

食は命の根源です

健康に良いと思っていた食材がとんでもなく体に悪い成分が含まれていたり、遺伝子組み換えの食材が加工品に含まれていても、消費者は知る由がありません。牛や豚や鶏の飼料は、ほとんどがポストハーベストまみれの遺伝子組み換え飼料で育てられています。ほとんどの日本人が知らないうちに体に悪い食材を食しているのが現状です。

病気になってから、食の安全について考えても、、、、。結局、病気は自己責任です。

日本の食環境の現状を知れば知るほど、暗くなってしまいます。さらに、悪化する傾向があります。
お子様がいらっしゃる方は下記の動画をご覧いたくさい。

「子どもたちを救った奇跡の食育物語」 『給食で死ぬ!!』 の著者 大塚貢先生の講演

土づくり

豊かな土壌で野菜栽培するなら、農薬や化学肥料など使わなくても、害虫に困らず、健康な野菜ができると考えています。
森林に育つ植物は虫の被害で植物が枯れたりすることはありません。それは豊かな土壌だからです。

豊かな土壌とは

 

実は危ない有機JAS野菜

有機JAS栽培の野菜は無農薬とは限りません。

30種類以上の農薬が使用が許され、天然由来成分のものもありますが、化学合成農薬も含まれます。また、その使用料にも制限がありません。

メトヘモグロビン血症や発ガン性の関係性がある硝酸態窒素

日本には硝酸態窒素の基準はなく、野放し状態。逆にヨーロッパでは硝酸態窒素に対して厳しい規制があり、EUの基準値は現在およそ3000ppmと決められています。それを超える野菜は市場に出してはいけません。
実際、硝酸態窒素濃度は肥料の量と相関します。化学肥料だろうと有機肥料だろうとたくさん肥料(窒素)を供給すれば硝酸態窒素濃度は高くなります。
有機肥料だからナチュラルで安心だとたくさん撒いてしまうと硝酸態窒素濃度が高くなってしまいます。なので、有機JAS栽培の野菜は硝酸態窒素濃度は高いケースが多いのが現状です。

日本の野菜は海外で「汚染物」扱いされている

実際、有機野菜を含む慣行野菜のほとんどの野菜の硝酸態窒素はヨーロッパ基準の数倍あり、ヨーロッパでは完全に汚染野菜として扱われます。
ヨーロッパから日本に渡航する際、このようなパンフレットを渡されたそうです。
「日本へ旅行する皆さんへ。(~中略~)旅行した際にはできるだけ野菜を食べないようにしてください。あなたの健康を害するおそれがあります」

硝酸態窒素のチェックの仕方

日本には硝酸態窒素の基準はなく、野放し状態なので、自分で判断するしかありません。

生野菜を食べた時に、エグミを強く感じることがあるとおもいますが、その理由は硝酸態窒素が多く含まれているからです。これを判断する一つの手段になります。

自然栽培の野菜は安心です

自然栽培は肥料をほとんど使いませんので、硝酸態窒素濃度は極めて低い値です。

出荷する全ての種類の野菜を硝酸態窒素の検査します

硝酸態窒素濃度の検査キットを当園に備え、出荷する全ての種類の野菜を検査しています。
EUの基準(現在:およそ3000ppm)を超える値が出た野菜は、安全を最優先に考慮し出荷致しません。
お客様に安心していただけるよう、お届けする野菜の検査データを添付します。

タネがあぶない!

私たちは子孫の残せない野菜を食べている

固定種、在来種のタネを取り扱う「野口種苗研究所」の野口勲さんによると、今の農家で使われているタネはほとんどが「F1」と呼ばれる1代限りしか使えないタネであるとのこと。
その中でも特に、雄蕊のない「雄性不稔」と呼ばれる生物学的に異常なタネが増えているといいます。
雄性不稔を使ったF1の技術はアメリカが発祥で、今はそれが世界基準になっています。
現状、日本ではタネ採りをする農家がいなくなって採種をほとんど海外に任せるようになりました。
しかし、海外では母親側の原種を雄性不稔にして花粉の出ない株を作り、それを用いてタネを作るようになりました。
つまり、今の日本人の主要な食べ物である葉物野菜が雄性不稔となり、子孫を残すことができない野菜ばかりを食べてしまっている状況です。
未来に命をつなぐことの出来ない野菜は、明らかに自然の摂理に反しています。
なので、私たちは自然の法則に従った「タネ採りのできる」固定種・在来種のタネにこだわって栽培を行っています。

F1のタネが使われている理由

野菜を生産する農家に求められることとして、同じ規格のものを大量に作ることが挙げられます。
また、出荷の都合として、生育まで揃えて収穫の時期を統一する方が効率が良いということもあります。
つまり、「見た目」と「成長速度」を生産者側に都合よく合わせたものがF1のタネとなります。
消費者もお店で野菜を選ぶ際は、ついつい形の揃った見栄えの良い作物を手に取り、いびつなものや不揃いの野菜は敬遠しがちです。
F1のタネが大量に使用されている理由はここにあります。

昔ながらの美味しい野菜

一方、「在来種」や「固定種」といったタネは一粒一粒に特徴・多様性があり、成長スピードも揃わないことが多くなります。
このことから、大量生産・大量出荷には向かず、ひとつひとつ成長の様子を見ながら収穫・出荷することが必要です。
農協などまとまった数を取り扱うところは、規格に合う野菜かどうかを重視するため、このような栽培で育てた野菜はまず引き取ってくれません。
逆に言うと、小さな農家が直販をすることでしか在来種・固定種の野菜は市場に出せないのが現状です。
野菜の味を決めるのはタネと言われています。
本当に昔ながらの美味しい野菜を食べようと思ったら、やはり在来種・固定種のタネから育った野菜を選ぶしかないのです。

タネ採りする農家がいなくなった

戦後から自家採種をする農家が急激に減ってしまっています。
理由としては、以下が挙げられます。

①タネ採りまですると長期間畑を占有することになり割にあわない
②葉物、特にアブラナ科は交雑しやすいため、狭い土地で純粋な種採りをするのが非常に難しい
③F1種での栽培に慣れてしまい、F1からタネ採りしようとしても次の代の野菜は先祖帰りしてバラバラな作物しか採れないとわかり、タネは購入するものという認識に変わってしまった

タネ採りをしなくなると、毎回作りやすい同じ品種のタネを購入して蒔き続けることになります。
すると、栽培される野菜の品種も少なくなる一方となり、生物多様性が減少してしまいます。
多様性がなくなると、天候不順や病気・害虫が発生した場合、一度にすべての作物がやられてしまうことになります。
実際にアイルランドでは、ジャガイモが全滅して国民の2割が餓死したという歴史もあります。
最近の全国的な野菜の生育不良も、ここに一つの原因があると考えられるのではないでしょうか。

湘南二宮という里山地域の利点

私たちの住む湘南二宮は海に面した地域ですが、里山も多く残っており山間部に畑が点在しているという特徴があります。
そのため、周りからの農薬飛散がなく、近くの畑からの交雑の可能性も低いため、自家採種には理想的な環境です。
耕作放棄地を開墾して使っている畑も多いため、残留農薬も抜けており安心してタネ採りに取り組むことができます。

主要農作物種子法の廃止

2018年4月1日をもって、種子法が廃止されます。
種子法の概要と廃止の理由、そしてその後の影響については以下の通りです。

2018年3月21日 活動報告まとめより↓

http://無農薬野菜.com/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e7%a8%ae%e5%ad%90%ef%bc%88%e3%81%9f%e3%81%ad%ef%bc%89%e3%82%92%e5%ae%88%e3%82%8b%e4%bc%9a%e3%80%80%e6%b4%bb%e5%8b%95%e5%a0%b1%e5%91%8a/

私たちは、種子法廃止の影響を非常に懸念しています。
少しでもタネを守る力になりたいと思い、「日本の種子(たね)を守る会」に入会しました。
日々の情報収集と、積極的な活動を心がけています。

 

上へ戻る