平飼いとは?

鶏たちに、のびのびとした暮らしをさせてやりたい!

「平飼い(ひらがい)」とは、ゲージは使わず、平たい地面のうえで、放し飼いの状態で飼うことです。鶏たちは鶏舎内を自由に動き回り、餌を食べ、砂浴びや日光浴をします。

私たちは、ヒヨコのときから飼っているので、鶏を家畜としてではなく、子供のように感じています。鶏は1日に1万回以上地面をつつきます。鶏の習性を尊重し、餌箱を使わず、餌になる雑草や無農薬栽培の野菜クズなどの餌を地面に撒いています。卵を産むときは狭い巣にかくれます。また、止まり木と呼ばれる木の上で休みます。私たちは、鶏たちにのびのびした暮らしをさせてやりたい、という気持ちから、鶏本来の生活習性を尊重した環境づくりをしています。

ストレスフリーの環境だと、こんなにもリラックスしてお昼寝します。

平飼いで鶏たちがイキイキしてくると、積極的にコミュニケーションを取ろうとしてきます。
こちらもそれに応えようとすると、カラダ全体を使って表現してくれます。

お互いに気持ちの良い関係を築けるよう、常に心がけています。

一般的な飼育

一般的に市販されている卵の多くは、ケージ飼いと言われ、ウインドレスの鶏舎で小さなケージに何羽も詰め込まれた鶏が産みます。運動はさせないので病気にかかりやすく、抗生物質など薬剤を接種させます。

卵が転がるように傾いた狭いケージの中で、ストレスで羽をむしり合っている姿も日常的にみられます。鶏の自然の姿とはかけ離れた状況で卵を産み続けます。生産性を重視するための飼い方ですが、、、。そのおかげで卵は非常に安価です。でも、それでいいのでしょうか?

養鶏の現状に目を向けてください!

詳しくはコチラをご覧ください↓

日本の養鶏場の90%以上が採用しているケージ飼いは、バタリーケージと呼ばれ、スイス、スウェーデン、フィンランド、ドイツ、ベルギー、オーストリア、オランダ等ではすでに禁止され、平飼いや、エンリッチドケージ(動き回れるケージ)が義務づけられています。日本の養鶏の現状に目を向けてください。効率経営を目指すばかり、鶏をマシーン化し、生き物としての尊厳を軽視していませんか?そして、その卵を自分たちが食べていることに疑問、怖さを感じませんか?


こちらの動画はケージ飼いの鶏舎の様子です。コメントする気にもなれません。

子供たちが、日本の一般的なバタリーケージの鶏舎の中を見たら、今までどおり卵を食べ続けられるでしょうか。
私も見学しに行ったことがありますが、鶏舎から離れた所でもすごく臭う。鶏舎に近づくにつれ、その臭いが強烈になり、結局、鶏舎の中に入ることが出来ませんでした。
動画では臭いを感じませんが、バタリーケージで飼われている鶏の悲惨さが分かると思います。

餌について

一切の薬剤の使いません

平飼いで育て、自家配合の発酵飼料と緑餌(青草)をたくさん与え、薬剤を一切使用しません。無農薬の野菜や季節の野草をふんだんに与えています。この緑餌は、ビタミンや食物繊維の宝庫です。健康的な生活すれば、免疫力がつき、薬剤は必要ありません。

毎日草刈りをしています

一般的な大規模養鶏場では手間がかかるため新鮮な緑餌はあまり与えないでしょう。緑餌は鶏が本能的に欲するものであり、鶏の血液を弱アルカリ性に保ち、卵のツヤやハリ、味の深み、生命力につながる大変重要なエサであると考えています。

野菜もまるごと

狭いケージで飼われる養鶏場の場合、ストレスから、お互いをつつきあって傷つけてしまう事を防止するため、ヒヨコの時にクチバシの先の鋭い部分を切ってしまうことが多いのですが、当園はクチバシを切っていないため硬いものでも丸ごと食べることができます。無農薬栽培のかぼちゃやカブやニンジンなどを皮がついたまま、丸ごとつついて食べています。

私が毎日飲んでいる活性水を与えています

私は、腸内フローラを整えるため、ある活性浄水器でつくった水を飲んでいます。鶏たちにも活性水をヒヨコのときから与えています。

有精卵

一般の卵は無精卵です。本来の卵は滋養に最もすぐれた食品。本来の卵の価値を追求するには「有精卵」であることが必須だと思っています。
有精卵はメス20羽あたりオス1羽を飼う必要があります。オスは卵を産みませんから、その分経費がかかるので、価格も高くなりますが、私たちは本来の卵の価値を分かっていただけるお客様だけに食べていただきたいと思い、有精卵にこだわります。

循環型社会

公害や廃棄物を出さない、地域に、地球に、人にもやさしい農業を目指して

私たちは、循環型社会の構築したいと思っています。 飼料は野草や無農薬野菜や地元の地元のお米屋さんや豆腐屋さん給食センターから出る残飯などを発酵させて飼料として与えています。そして、毎日排泄される鶏のフンは床の藁や木チップと混ざり、鶏たちが歩くことで掻き回され発酵が進み、良質な完熟した堆肥になります。その堆肥は自分たちは無農薬栽培に利用しています。その作物の一部がまた、鶏たちのエサになるのです。 このように循環させることによって、公害や廃棄物を出さない、地域にも地球にも、そして、人にもやさしい農業が展開されると思っています。

上へ戻る