• 2018/3/23

TPPと種子法廃止

先日の「日本の種子(たね)を守る会 活動報告」にて、元農林水産大臣 山田正彦さんがTPPとそれに関連する種子法の廃止は、日本の「食料主権」が損なわれる等として、違憲確認訴訟を提起しているとお話されていました。

農水省の大臣にまでなった方がこのような動きをされるくらい、日本の食は危機的な状況にあると言えます。

一人でも多くの声をあげることで、種子法に替わる条例の設置や、議院立法の立案に繋がるかもしれません。

もう少し詳しく調査・検討して、原告に加わるべく委任状を提出しようと思います。

上へ戻る