餌について

一切の薬剤の使いません

平飼いで育て、自家配合の発酵飼料と緑餌(青草)をたくさん与え、薬剤を一切使用しません。無農薬の野菜や季節の野草をふんだんに与えています。この緑餌は、ビタミンや食物繊維の宝庫です。健康的な生活すれば、免疫力がつき、薬剤は必要ありません。

毎日草刈りをしています

一般的な大規模養鶏場では手間がかかるため新鮮な緑餌はあまり与えないでしょう。緑餌は鶏が本能的に欲するものであり、鶏の血液を弱アルカリ性に保ち、卵のツヤやハリ、味の深み、生命力につながる大変重要なエサであると考えています。

野菜もまるごと

狭いケージで飼われる養鶏場の場合、ストレスから、お互いをつつきあって傷つけてしまう事を防止するため、ヒヨコの時にクチバシの先の鋭い部分を切ってしまうことが多いのですが、当園はクチバシを切っていないため硬いものでも丸ごと食べることができます。無農薬栽培のかぼちゃやカブやニンジンなどを皮がついたまま、丸ごとつついて食べています。

私が毎日飲んでいる活性水を与えています

私は、腸内フローラを整えるため、ある活性浄水器でつくった水を飲んでいます。鶏たちにも活性水をヒヨコのときから与えています。

  • 自然卵

  • 上へ戻る