循環型社会

公害や廃棄物を出さない、地域に、地球に、人にもやさしい農業を目指して

私たちは、循環型社会の構築したいと思っています。 飼料は野草や無農薬野菜や地元の地元のお米屋さんや豆腐屋さん給食センターから出る残飯などを発酵させて飼料として与えています。そして、毎日排泄される鶏のフンは床の藁や木チップと混ざり、鶏たちが歩くことで掻き回され発酵が進み、良質な完熟した堆肥になります。その堆肥は自分たちは無農薬栽培に利用しています。その作物の一部がまた、鶏たちのエサになるのです。 このように循環させることによって、公害や廃棄物を出さない、地域にも地球にも、そして、人にもやさしい農業が展開されると思っています。

  • 自然卵

  • 上へ戻る