平飼いとは?

鶏たちに、のびのびとした暮らしをさせてやりたい!

「平飼い(ひらがい)」とは、ゲージは使わず、平たい地面のうえで、放し飼いの状態で飼うことです。鶏たちは鶏舎内を自由に動き回り、餌を食べ、砂浴びや日光浴をします。

私たちは、ヒヨコのときから飼っているので、鶏を家畜としてではなく、子供のように感じています。鶏は1日に1万回以上地面をつつきます。鶏の習性を尊重し、餌箱を使わず、餌になる雑草や無農薬栽培の野菜クズなどの餌を地面に撒いています。卵を産むときは狭い巣にかくれます。また、止まり木と呼ばれる木の上で休みます。私たちは、鶏たちにのびのびした暮らしをさせてやりたい、という気持ちから、鶏本来の生活習性を尊重した環境づくりをしています。

ストレスフリーの環境だと、こんなにもリラックスしてお昼寝します。

平飼いで鶏たちがイキイキしてくると、積極的にコミュニケーションを取ろうとしてきます。
こちらもそれに応えようとすると、カラダ全体を使って表現してくれます。

お互いに気持ちの良い関係を築けるよう、常に心がけています。

一般的な飼育

一般的に市販されている卵の多くは、ケージ飼いと言われ、ウインドレスの鶏舎で小さなケージに何羽も詰め込まれた鶏が産みます。運動はさせないので病気にかかりやすく、抗生物質など薬剤を接種させます。

卵が転がるように傾いた狭いケージの中で、ストレスで羽をむしり合っている姿も日常的にみられます。鶏の自然の姿とはかけ離れた状況で卵を産み続けます。生産性を重視するための飼い方ですが、、、。そのおかげで卵は非常に安価です。でも、それでいいのでしょうか?

養鶏の現状に目を向けてください!

詳しくはコチラをご覧ください↓

日本の養鶏場の90%以上が採用しているケージ飼いは、バタリーケージと呼ばれ、スイス、スウェーデン、フィンランド、ドイツ、ベルギー、オーストリア、オランダ等ではすでに禁止され、平飼いや、エンリッチドケージ(動き回れるケージ)が義務づけられています。日本の養鶏の現状に目を向けてください。効率経営を目指すばかり、鶏をマシーン化し、生き物としての尊厳を軽視していませんか?そして、その卵を自分たちが食べていることに疑問、怖さを感じませんか?


こちらの動画はケージ飼いの鶏舎の様子です。コメントする気にもなれません。

子供たちが、日本の一般的なバタリーケージの鶏舎の中を見たら、今までどおり卵を食べ続けられるでしょうか。
私も見学しに行ったことがありますが、鶏舎から離れた所でもすごく臭う。鶏舎に近づくにつれ、その臭いが強烈になり、結局、鶏舎の中に入ることが出来ませんでした。
動画では臭いを感じませんが、バタリーケージで飼われている鶏の悲惨さが分かると思います。

  • 自然卵

  • 上へ戻る