生活習慣病の予防にグリーンスムージー

簡単で手間もかからず、おいしく野菜や果物を摂取

「手間がかからない」「簡単」「おいしい」という3つを意外と大事なポイントで、この3つがないと長続きすることはできません。

生活習慣病の予防やダイエットの効果を期待するにはグリーンスムージーを習慣にする必要があります。

グリーンスムージーの効果

ダイエット効果

ダイエットの食事制限で脂質や炭水化物を減らしたとして、ほとんどの方がそれと同時にビタミンなどの健康な体を維持していくために必要な栄養まで不足させてしまい、その結果体にかなりの負担をかけながらのダイエットとなってしまいます。しかし、グリーンスムージーであればカロリーは抑えつつも美容や健康に必要な栄養素は今まで以上に取り入れ、ダイエットしていながら健康な体を維持することができます。

ダイエットに向いている理由

  • グリーンスムージーを使ったダイエットはビタミンやミネラルが不足しにくい。
  • 食物繊維がたっぷり含まれているから腹持ちが良く空腹になりにくい。
  • 簡単で手間がなくて美味しいから続きやすい。

腸内環境(便秘)に対する効果

食物繊維は腸内を掃除し、腸内環境を整える役割があり、便通が良くなるのですが、それ以外にも腸内の細菌の質、つまり悪玉菌を減らし善玉菌を増やす役割があります。

アンチエイジング効果

グリーンスムージーに含まれているビタミンEやビタミンCには活性酸素を抑制する抗酸化作用があることで知られているます。

また、ニンジンに多く含まれるβカロチンやワインに含まれるポリフェノールにも抗酸化作用があることがわかっています。

市販されている野菜ジュースやスムージーに効果は期待できません

野菜や果物を絞ると、すぐに酸化が始ります。ですから、自分でつくって、すぐに飲むのがおすすめです。

市販されている野菜ジュースやスムージーは加熱加工されていますが、ビタミン類は加熱すると破壊され、大部分が消失しています。具体的にはビタミンCやビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、パントテン酸、消化酵素の一種のジアスターゼなど。さらに、絞って時間が経っていますので、ほとんど酸化されています。

  • 薬膳野菜スムージー

  • 上へ戻る