注目されている、ドイツ発「ゲルソン療法」

ゲルソン療法の最大のポイントは、人間の持つ自然治癒力を高めること。

ゲルソン療法は日本ではあまり知られていませんが、欧米ではガンの予防や治癒、再発防止の食事療法として広まっています。

ドイツからアメリカに移住したマックス・ゲルソン医学博士が1930年代に提唱した食事療法で、結核治療をはじめ、ガンの治療や再発防止、高血圧、肝炎、血栓症、腎臓病、痛風の治療に効果がみられ、薬を使用しない治療法として注目されています。

ゲルソン氏は「ガンとは病気に対する抵抗力・免疫力・治癒能力の喪失から体全体の代謝がダメージを受けている代謝疾患であり、ガン細胞や腫瘍を生み出すような体全体の栄養代謝の乱れを正せばガンは治る」と述べています。

ゲルソン療法は、解毒を担う肝臓に負担がかかる食品を排除し、食物の持つ様々な栄養素をバランスよく摂取して、 わたし達が本来持っている体の機能を高め、病気を改善しようとするものです。

宗像久男先生「ガン患者の本当の治し方!温熱・食事・驚異のゲルソン療法」

  • 薬膳野菜スムージー

  • 上へ戻る